ヨーガ哲学を学び始めて変わった3つのコト

こんちにわ!Harukaです。
瞬く間にSunLilyを立ち上げてから2ヶ月が経ちました。
はやいなあー。

仕事で挫折して、心の状態がどれだけ身体に関わるのか、
身体の状態がどれだけ自分のアウトプットに関わるのかを実感して、
心理学を調べ初め、たどりついたヨーガ哲学。

あっという間に決断をして、会社を1ヶ月おやすみし、バリ島へ渡り200時間のヨーガトレーニングを受け、全米アライアンスを取得。
帰国後SunLilyという名前で、コミュニティ(今はコミュニティと呼んでいます)を立ち上げ、毎週水曜日にレッスンをするようになりました。

半年前の自分が、今の自分を想像していたかというと、絶対NO。
驚くほど目まぐるしく変わっていく自分自身や、周りを取り巻く環境があり、
ヨーガ哲学の素晴らしさを実感する日々です。
今日はヨーガを学び始めてから変わったコトを書いてみようと思います。

1.物事の捉え方が変わった。
ヨーガ哲学の中で一番好きな考えが、以下です。
「世界は私(プルシャ)と私以外(プラクリティ)でできている。
私以外を変えることはできないが、私自身のことは唯一変えることができる」
かなり前にこのことについては、ブログに書きましたが、
この考えが自分の腑に落ちたことが、自分が周りの環境や、自分の周りで起こっている「コト」の捉え方を大きく変えてくれました。
すべては自分次第。自分が変われば人間関係も環境も、全て変わっていく。
綺麗事に聞こえますか?でも私は今本気でそう思っているんです。

2.人間関係が変わった。
1つ目に書いた、「物事の捉え方が変わった」から、起きている変化。
バリ島から帰ってきて一番声をかけていただくことは「表情が変わった」という言葉です。ヨーガを学び始める前の私は、自分の周りの「環境」が自分自身の自尊心や、自己効力感に感じていました。
仕事で賞を取ること、よい成績を取ること、優秀だと認識してもらうこと、取り繕った言葉や、見た目で一生懸命自分の環境を整えるコトに必死でした。
だから、人間関係も浅かった。
そして、一向に本質的に自分に自信を持てなかった。
だから、ネガティブな発言は率直にできるけど、相手を認めるコトや、褒めること、ポジティブな言葉を言うことが苦手だった。

今はネガティブな感情を持つこと自体がそもそも減り、
ポジティブな言葉は思ったままに率直に相手に伝えられるようになり、
少しずつ自分の周りの人間関係が本当の意味での「関係性」になってきたと感じている。

3.身体が健康になった
健康になったというか、調子の良さを圧倒的に感じるようになりました。
毎日短い時間でも良いので、必ずアーサナ(ポーズ)と瞑想を行うようになり、
肩こりや腰痛、また不眠、それによる朝起きれないということがなくなり、
とにかく気持ちよく毎日を過ごせるようになりました。

しっかり寝ることができると、スッキリ起きられるので、朝の時間にも余裕ができ、毎日お弁当をつくり、夜ご飯は自炊、口に入れるものに気を遣うようになり、本当に身体が軽くなりました。

おまけ.ちょっとエコになった
ヨーガをする人はナチュラルな人が多い。
その影響もあって、常にマグを持ち歩き、基本ペットボトルは使わない。
ビニール袋もできるだけ使わない(会社にはマイゴミ箱をおいている)。
必要のないプラスティックはできるだけ店頭で断るようにしています。
まだおまけ程度の意識でしかないけど、確実に変わってきています。


文字に書いてみると、なんだか嘘っぽく見えるかもしれない。
だけど、私と「関係性」を築いてくれている人たちには、
伝わっている気がします。

これからも勉強あるのみ。

また気まぐれで更新いたします~♪

【お知らせ】
●定例クラス開始します
12月から毎週水曜日19:30~渋谷にてSunLilyの定例クラスを開始します。
ドロップインは2000円、お得な回数券も作成予定です。
詳細はまたお知らせいたしますので、是非お越しください。

●11月のスケジュールは以下よりご確認ください。
https://sunlily.work/

●パーソナルレッスンも随時受け付けております。
ご自宅へ訪問か、スタジオレンタルになりますので、詳細はDMにてご確認ください。

Shanti Shanti Shanti

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です