私がパーソナルレッスンを進める理由は「知識をつけてほしいから」

こんにちわ、はるかです。
今月から少しずつ、パーソナルレッスンを開始しています。

今日は私なりに、なぜ私がパーソナルレッスンを勧めるのかについて書いてみようと思います。

SunLilyのヨガが大切にしていることは
「医学的エビデンス」を元に「根本から変える」ことです。
ヨガってとってもふわってしてる。
そのふわってしてるところが、私はとっても好きだったりもするのですが、
私達がお客様にヨガを提供するときは、「今何をしているのか」「何に効果があるのか」をきちんと伝えていきたいのです。

だけど、だけど、だけど、、、

これって、団体レッスンだとどうしても細かくお伝えできないのです。
特に、一人ひとりの身体の特徴に合わせカスタマイズした情報をお伝えすることは困難なのです。うむ。。もどかしい。。

パーソナルレッスンの中身を考えるときは以下のようなステップで考えます。

1.お客様の身体的な特徴はなにか(どこかに疾患や怪我歴、また神経的な痛みはないか)
2.お客様はヨガを通してどうなりたいか
3.1と2を踏まえて、今日はどこの筋肉や骨、心にアプローチする必要があるか
4.それにあったシークセンスや、コンテンツはなにか

このステップをお客様と一緒に進みます。
なぜ、私が今このポーズをやるのか。どこにアプローチをしたいのか。注意すべきところはどこか。
補助器具をどのように使うと効果的か。

会話をしながら時間を一緒に過ごします。

もちろんパーソナルレッスンは団体レッスンより高いです。

でも、パーソナルレッスンで「知識をつける」ことで、
その後団体レッスンに参加したときに自分なりに工夫ができたり、補助器具をうまく使えるようになります。
また、ご自宅で一人で実践できるようになります。

団体レッスンで自分の身体に合わない事を無理に行うと怪我をします。
それはとっても長く続いてしまうこともあります。
そして、残念ながら外科的知識や解剖学的知識を持たず、インストラクターをしている方が多いのも事実です。
(私もまだまだ勉強の身なのですが、、)

ヨガを通して、怪我をしてしまった方は、もうヨガには戻ってきてくれません。
せっかく良いツールが負の体験として、心や身体に残ってしまわぬよう、
「知識をつける」パーソナルレッスンを私はおすすめしています。

少しでも興味のある方は是非ご相談くださいね。
あなたにあった形を一緒に考えたいです。

お申し込みは以下から
https://mosh.jp/classes/page/5404

■まとめ
-知識がないままヨガをすると大きな怪我につながる
-団体レッスンでは個別カスタマイズした情報をお伝えするのは難しい
-パーソナルレッスンでは自身の心と身体に合わせた知識を得ていただける
-知識を得ると、その後自分で自分にあったヨガをできるようになる

—お知らせ—
🈵▼ハタヨガクラス
10月9日 19:30~20:45 @恵比寿

▼Instagram更新中
@yoga_sunlily

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です